バッハの宇宙

2015 年 2 月 15 日 日曜日

003
世の中にはたくさんのピアニストがいて、
それぞれに個性的で、主張があって、そこがまた面白い。
たくさんのピアニストの演奏が聴ける、というのはなんて幸せなことだろう!



本日のリフシッツの公演で聴いたバッハは、ピアノなのに、ピアノの音だけではなく、時にチェンバロにも、時に金管楽器にも聴こえるという…、
彼の演奏から生み出される多彩な音に驚きました。
まるで指先から魔法の音が紡ぎだされるよう。



伝道者が道を究めるごとく、神経を集中させて一気に演奏する。
音が高い天井へ向けて飛び散り、聴く側も彼の世界に引き込まれる時
気持ちが浄化されるとはこんなことなのか。
そして音楽にこんなにも救われるのかと
激しい感動というものではなく、気持ちが晴れ渡るような感覚を味わいました。