FBページ苦戦中

2011 年 5 月 22 日 日曜日

個人的にはフェイスブックをするつもりは無いのですが(だってめんどくさそうなんだもの)、企業用のフェイスブックページ(昔でいう、ファンページ)を作ることになりそうなので、先ずは、ショップの環境でテスト中。

でもさっぱりわかりません。
なんとか適当に作ったものの、いったいこれはどんな風にみえているのか。
どんなふうなマナー(作法みたいなもの)が必要なのか、
ちんぷんかんぷん。
本でも買おうかな、と思っているのですが、どんどん変わっていくし。。


ところで、アプリケーション開発をしたいときの認証がおりない(携帯電話を登録して、認証コードをもらってもはじかれる)。

あぁ、先はながいぞ。。。

しらすパイ

2011 年 5 月 19 日 木曜日

しらすパイ

以前、Rが静岡に行ったときに、おみやげに買ってきてくれました。
うなぎパイと違って、しらすパイ。
昼のお菓子だそうです。

しらすがけっこうはいっているのです。
でも、パイだからあまくておいしい、という不思議なおかし。
そういえば、わさび味のキットカットもあったのですが、こちらも、まさにわさびなのに、チョコレート。わさびのつーんとした風味を損なわないでチョコに混ぜ込むって!!
静岡は、おいしいお菓子が多いです~。

少しだけ光がみえた。

2011 年 5 月 17 日 火曜日

ここ2日ばかり、本当にしんどかった。今回ばかりはかなり「涙目」状態。
自分でどんどん作業できるところ以外で「待ち」がはいりながら、進めていく辛さといったら無いよーー。
いやそれが、さらりとうまくいけば、大したことではないけれど、ひとつひっかかると、もう、暗いトンネルに置いてけぼりにされた気分になる。
たまには弱音も吐きたいよー。
でもやっと少し光がみえてきた。

明日はきっとうまくいきますように。

久しぶりにスポーツクラブへ

2011 年 5 月 13 日 金曜日

肉がつまめるというのではなくて、脇腹が掴める(爆)という、緊急事態になってきました。
これまでさぼっていたツケが、しっかりと肉(脂身?)となっています。うわーーん。
あまりにもさぼっていたので、もう退会しようか、とまで考えましたが、でもこれで「会費がもったいない」という縛りがなくなってしまうと、どこまでも堕落の人生(おおげさ)になってしまいそうな気がします。
ということで、久々にスポーツクラブへ行ってきました。

ジムでマシントレーニングを少々。でも浦島太郎状態なので、ちょっとあたふたしてしまいました。(エクササイズに出るのがいちばん無難かなと思ったのですがちょうどいいものが無かったのです。)

そして、そのあとは、ゆったりとお風呂へ。
マッサージ風呂や、ミストサウナにはいると気持ちいいーー!
化粧室には基礎化粧品まで揃っているので手ぶらでOKだし、
マッサージチェアなんて最新式のエアーマッサージ機が使えるし
これまでこんな時間や空間を忘れていたなんてもったいないことよ!
↑ スポーツクラブへ行く目的が体を鍛えるためなのか、リラックスするためなのかだんだん訳がわからなくなってきていますが(笑)

真夏、エアコンをつけずには過ごせないような時間帯には、スポーツクラブに行けば(我が家の)節電対策にもなりますね。
プールにはいれば、涼しいし、気持ちいいし、そして体も引き締まるであろうし、いいことづくめ!
ということで、これからは、なるべくまじめにスポーツクラブへ行くようにします。(決意!)

アルゲリッチ様の記事

2011 年 5 月 12 日 木曜日

日本の再生を願い アルゲリッチさん植樹」


アルゲリッチ様がブドウの苗を植えたそうです。
3、4年で実が付き、その2年後にワインが出来る予定とのこと。


このアルゲリッチワインはどんなお味なんでしょう?飲んでみたいです。




ところでこの記事の中で

アルゲリッチさんは
「何かを育てることは希望に満ちていて素晴らしい」とした上で、
「考えられないような災害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
今後、周囲の人たちと話し合い、義援金だけでなく、いろいろな方法で支援したい。
現地での公演も検討している
と話した。


太字のところに注目!さすがアルゲリッチ様!
もしもそのような企画があれば、その時は私もぜひ現地にかけつけてコンサートを聴きたい、です。


こちらにも写真あります。
アルゲリッチ様、素敵!
安心院葡萄酒工房(あじむの丘農園)

生誕100年 岡本太郎展

2011 年 5 月 8 日 日曜日

本日5月8日が「生誕100年 岡本太郎展」の最終日なので、国立近代美術館まで行ってきました。(忙しいのを言い訳にして行かなかったらあとから後悔しそうだから)

チケット(当日券)購入から行列ができていましたし、会場はかなり混んでいました。

絵画は岡本太郎美術館のものがほとんどでしたが、初めて目にするものもありました。
岡本太郎の「青」「赤」の色の巧みさ、本当にすごいですね。
一番素敵だと思ったのは「装える戦士」
高野山に行ったあと影響されて描いたという、梵字をモチーフにしたような絵です。
そういえば、かつての近鉄(野球)のマークのデザインは岡本太郎さんなんですよね。
なんとなく通ずるものがあります。

会場では、かつて岡本太郎が出演した、マクセルのCMも映像として流されていました。
ピアノを弾く岡本太郎、それを真上から撮影して、ピアノから岡本太郎の鮮やかな絵のモチーフが何層にもなって飛び出してくるという斬新なもの。

それからそれから、岡本敏子さんの自筆の原稿もありました。
よかった。見ることができて。本当に行ってよかったと思いました。

岡本太郎というと、なんだかおかしい人(爆発だーが前面に出てしまって)、というようなイメージだけが先行しますよね。
(それもひとつの一面ではあるけれど)彼のスケッチなどすごい緻密だなあと思うし、発想が発想をよぶみたいなエネルギーが、見ている側にも「意欲みたいなもの」をわきあがらせてくれるような気がするのです。
もっともっと彼の天才的なところを知って欲しい、と思います。ああ、でも、わかる人がわかればいいのよ!とも思いますが。
ただ私も、岡本敏子さんがいなかったら本当の意味での岡本太郎のすごさを知ることはなかったと思います。


そして、会場の最後には、自由に取れる箱(壁に穴があって手を突っ込める仕組み)から、岡本太郎の言葉をもらえる、というコーナーがありました。

三角くじの要領で、自分の好きなものを選び開いてみると中から、岡本太郎の言葉が出てくるのでした。

岡本太郎展

そして、私への言葉は


岡本太郎展

鉄道フェスティバル(3)

2011 年 5 月 6 日 金曜日

え、まだ鉄道フェスティバルの話が続いていたの?と言われそうですが、つけたし(笑)。

鉄道フェスティバルで買ってきたものなど。
実はこの羊羹は、鉄道フェスティバルのチラシに載っていた時点でどうしても欲しい~と思っていたもの。
まだ食べていませんが、電車のパッケージにはいっている、というだけで、なんだかうれしくなってしまうという。
クリスマス前によく売っている銀色のサンタさんのくつのパッケージがなぜだかわくわくしてしまうのと同じかもしれませんね。
(おこちゃま!?)

世田谷線 羊羹



定番のクリアファイル。

鉄道フェスティバル

鉄道フェスティバル

アルゲリッチ様のCD

2011 年 5 月 5 日 木曜日

アルゲリッチ/東日本復興支援CD

アルゲリッチ/東日本復興支援CD


アルゲリッチ/東日本復興支援CD
が本日届きました。

昨年のすみだトリフォニーホールのコンサートの時収録されたシューマンのピアノ協奏曲。
もう一曲のショパンのピアノ協奏曲は28日に収録されたもの。

あの日の感動がじわじわと蘇ってくるだけでなく、あらためてアルゲリッチのピアノの音色にうるうるとしてしまうのでした。きょうは、届いたばかりのこのCDを、12月の演奏を思い出しながら、何度も聴いて、堪能しました。

(実は当日、彼女のアーノンクール指揮でのシューマンピアノ協奏曲のCDを購入したのですが、コンサートで生で聴いた時の音が上書きされてしまうような気がして聴いていません。というかまだ開封すらしていないのですが…)



このCDは東日本復興支援のために参加したアーティスト全員が録音印税を放棄し、収益を楽器や楽譜を失った被災者の復興支援のために寄付しますとのこと。

【マルタ・アルゲリッチからのメッセージ】

地震の犠牲となられた方々のため、私にできることはなんでもいたします。
シューマンとショパンのライヴ録音もそのために役立ててください。
私は日本の状況をとても憂い、とても気にかけています。
ニュースをずっと見ていますが、日本の皆様の計り知れない痛みと、
それに耐える勇気を感じ、皆様への深い愛と尊敬の念を抱かずにはいられません。一刻も早く日本を訪れることを願っています。
言葉ではとても表現しつくせなくてごめんなさい。

マルタ・アルゲリッチ


ありがとう!アルゲリッチ!

鉄道フェスティバル(2)

2011 年 5 月 4 日 水曜日

昔の東急電鉄の沿線図は非常に興味深いです。
今は小田急や京急となっているところも、昔は東急電鉄の傘下にあった時代もある、というのは聞いていましたが、あらためて地図でみると、ものすごい勢力図!?です。

それからまだ、路面電車の路線もあったわけで、今よりも駅数が多く、それぞれに時代を感じられてそこも面白いポイントです。




現在の東急線を中心にみてみると、二子玉川からは、溝の口方面(現:田園都市線)、大井町方面(現:大井町線)のほかに砧方面(砧線というのがあったのですね。






昭和30年代後半の二子玉川駅。
この時代の誰が、今のニコタマの街を想像したでしょうか。

駅舎の入口は多摩川側にあって、右側の線路は、溝の口に向かう電車でしょう。
画像上部にはポイントがあるので、そこで、大井町方面、渋谷方面、そして砧方面へと分岐したと思われます。

砧線について興味がわいたので調べてみたのですが、現在の玉川高島屋の北側のバス道路に線路があったようです。
どんな感じだったのでしょう。そのころの映像があれば見てみたいです。

二子玉川ジオラマ

鉄道フェスティバル(1)

2011 年 5 月 3 日 火曜日

東急東横店の「鉄道フェスティバル」に行ってきました。
(5/4日までです!ご興味のある方は、ご注意ください。)

ここのところ仕事が忙しくて大げさに言うと朝から晩まで作業をしていたような状態だったのですが、久々に夢中になって楽しむ時間を過ごせました。
会場で、夫に
「目がキラキラして、子供が夢中になっているみたい」
と冷やかされましたが、楽しいんだもーーん。えへへ。


1964年のころの渋谷のジオラマ。



写真の上部が「辺」のあたりが246号にあたる道路。
渋谷には、たくさんの都電(黄色い電車)が走っていたのですね。
びっくりしたのは渋谷から六本木方面にも都電が走っていたこと。
(わかりにくいかもしれませんが、画像中央一番上あたりの電車が左折していて、六本木方面へむかっているのがわかる。)
銀座線はすでにしっかり走っています。
左側には五島プラネタリウム(東急文化会館)がみえます。





南側(246号方面から)みた渋谷駅。
左側の線路がJR。3線あるうち左側2線は山手線。右端は貨物線。いまでは埼京線も走っていますが、現在の渋谷駅の山手線ホームからは壁でみえないようになっています。
ちなみに
『1961年101系のカナリヤ色(黄色)が、ウグイス色(黄緑色)の103系が混じり始めたのは1963年。103系統一は1968年。』
とのことです。
東急線部分を拡大したものはこちら ↓