「 ニコライ君」 に関する記事一覧

ニコライ 2015年4月

2015 年 5 月 3 日 日曜日

201404
2015年4月のソロコンサート、東響とのピアノコンチェルト(2回)の感想を今頃になって書くという..。


ニコライの演奏に心を動かされすぎて、反動で、公演後のぽっかりと空いた心の虚脱感喪失感といったら…
その後のリハビリには数日間を要しました。(かなり重症の模様)

当然ながらすでに次の公演が待ち遠しい状態、です。


(ソロコンサート)
私の中のイチオシは「ラフマニノフのソナタ1番」

「たいくつで地味なため演奏されることが少ない」と言われる曲ですが、聴けば聴くほど味が出てくるように感じます。
(最近、いろいろなピアニストが演奏しているようですが)
この曲は生で何回か聴いていますが、今回は特に、ドキドキ感がとまらない状態でした。


チャイコフスキーの変奏では、まるで歌舞伎の12役早変わりをみているようで、曲ごとの変わり身のはやさと、ガラリとかわる際の「刃のような、怖いくらいのぎらぎら感」(笑)がニコライらしいなあと思いました。(←ほめています。)

スペイン狂詩曲は、もちろんすばらしかったです! 
でもま、ニコライならとーぜんでしょう!えっへん!(私がどや顔で、いばることか!)


アンコールは6曲。
弾きすぎだ、という意見もありますが、アンコールの時のうれしそうなニコライの演奏もいいではないですか。私は好きです。
(彼のサービス精神にも感服します。)

中でも、アヴェ・マリアの神々しさ。蝶々夫人のcoro a bocca chiusaの美しい旋律には参りました。
演奏という域を超えて、まるで頭上からきらきらした何かがふりそそぐよう。涙がとまりませんでした。
こんなの反則だよ、ニコライ!


(ショパンピアノコンチェルト2番 ミューザ川崎/サントリーホール)
ショパンのピアノコンチェルトはオケともぴったりと寄り添い、二楽章のきらきらとした音。三楽章のどきどきするような躍動感を体感しました。

東響とのピアノコンチェルトを弾くニコライは、あふれるアツイ想いのようなものすら感じました。ひとつ前に踏み出したのか。彼の背中がなんとなく大きく見えました。
(ファンとしてはこういう成長や変化はとても嬉しい。)


昨年の秋、山響の演奏会後のファンの集いの際、マエストロ飯森さんとニコライが言葉を交わしているのを間近で拝見した時、飯森さんはニコライのことを大事に思ってくださり、同時に、ニコライもまたマエストロを信頼しているように感じました。
飯森さんの指揮、オケ、そしてピアノの調和。そういうものは演奏にも表れてくるのですね。
すばらしい演奏をありがとうございました!
飯森さんと、今度はロシアものを演奏してくれるといいなあ。
そんな日がいつか来るとうれしいのですが。







保存版(SPANISH RHAPSODY)

2015 年 3 月 1 日 日曜日

保存版(RACHMANINOFF PIANO SONATA No. 1)

2015 年 3 月 1 日 日曜日






モニタで最大画面にして、演奏(特に手)をみながら聴きほれている。
何回目だろう。


大阪と兵庫(明石)

2014 年 12 月 20 日 土曜日

大阪と兵庫料理といっしょで、音楽の演奏も「好み」だと思う。

時々、どうしてこんなにも彼の演奏にのめりこんでしまうのだろう?と思うのだが、何度でも聴きたくなってしまう魅力があるからかもしれない。
あのアクの強い演奏を聴いてしまうと、”優等生的なただ美しい演奏” がつまらなく思えてしまう。
感じるものは人それぞれ。
聴いていて気持ちが幸せになれる、好みの演奏家がいる、というのはそれもまた幸せなのかもしれない。




ここを読んで、なるほどと思ったが28日の大阪いずみホールの音響はとてもすばらしかった。

音響もよく本人も気持ちよかったのだろう。
そしてまた、彼自身の気持ちも充たされていてコンディションもよかったのだろう。
今まで聴いたなかでも最高!と思えるような演奏だった。

特に、ダンテは、聴きながらもう全身が震えた。感動で激しく心が揺さぶられた。
この先、彼がハゲようが、太ろうが(もともと外見なんて関係ないのだが。)、こんな演奏を聴かせてくれる限り、一生ついていこう(大げさ:笑)と思った。

彼の演奏は波がある。いいときもそうでないときも。
でも、彼の演奏がイイ時のすばらしさといったら!
その演奏にまた出会いたくて、何回も公演に足を運ぶのかもしれない。



翌日29日は明石へ。明石と言っても、かなり西の「魚住」というところ。
音響のせいか、最初、なんだかピアノの音がうわんうわんと鳴るように聴こえたけれど、途中からは音が落ち着いてきた。


演奏終了後のサイン会では、私はサインをもらうより、
にこにこと嬉しそうにサインをしているニコライの顔と、サインをもらってうれしそうに喜んでいるみなさまの顔を、遠くから眺めるのが好きだ。それだけで私まで幸せな気持ちになる。

明石でも、サイン会の様子を遠くから眺め入ていたら、ある女性が受付に貼られていたポスターを係員に頼んで貰い受けているのを目撃。
私も同じように頼んでみたら、別のものを頂けたのだった。(上の画像のポスター)



ところで、明石の公演で、びっくりするような出来事があった。
鬼火を弾きはじめた直後、(演奏が始まっているというのに!)横の椅子に座ろうとして、私の前を立ちふさぐ、という人が出現。
なにがなんだかわからなかったが、もうただただ呆れるというかびっくりするというか。
反対側に座っていた友人が、あれはさすがに(ニコライも)一瞬気が付いた、と言っていたが、集中力を途切れさせることもなく弾ききった。
いろいろな意味でドキドキしたけれどほっとした。




ベートーヴェン4番

2014 年 12 月 4 日 木曜日

ベートーヴェン4番

今回の目的はこちら。

これに備えて、2,3週間前からキー様のベートーヴェン4番を繰り返し繰り返し聴いてきた。
ある意味危険かなとも思ったけれど(ニコライ、ごめん)、
キー様の円熟した演奏。そしてニコライの若々しい演奏も違った個性で素敵だった。
瑞々しくきらきらしたものがふりそそぐよう!!
彼はどんどん進化していると感じた。



ところで、山形公演前、期日が迫っているというのに、情報が全然はいってこず
本当にニコライは登場するのだろうか?とやきもき。
少なくとも、当日の山響の公式ページでキャンセルの知らせが出ていなかったので大丈夫だろうとは思いつつも、友人が
「もしかして、N村H子(女史)が登場したりして…」
好みは別として(ごほんごほん)、ギャラも格も違うのだからそんなワケがない!!…….はず。
(当然、ニコライの何倍ものギャラをもらうであろう)

入場指定席券は、開演2時間前に並んで購入するシステムになっていて、その際に係りの方に
「いらっしゃっていますか?」と聞いたところ
「はい。ゲネプロもしっかり済まされていますよ。」
と言われて一瞬喜んだものの「誰が」と聞かなかったので、もしかすると、飯森マエストロのことだったのかもしれない、と更に心配に…。


そんなこともありましたが、22日、23日とニコライ演奏のベートーヴェン4番を聴けて、本当に幸せ。




幸せな時間はみんなを笑顔にする(2) 浜離宮ホールリサイタル

2014 年 8 月 30 日 土曜日

幸せな時間はみんなを笑顔にする(2) 浜離宮ホールリサイタル

人間の脳の機能はいったいどうなっているのだろう。特にメモリー部分。
演奏を聴いてから日にちがたっているのに、いや、たってからと言った方が正確ですが、唐突に曲の一部がアタマの中で再現される。
それはシューマンだったりショパンだったりするけれど、25日のあの演奏のいろいろなフレーズ(の音)が唐突に蘇るのだ。そしてなぜか涙が出そうになる。

彼の演奏は、大ホールでたくさんの観衆を狂喜させる、というより、こじんまりした音響の良いホールで、彼の世界をじっくり堪能するようなコンサートが似合っている。

聴衆が「私のために弾いてくれているかも??」と勘違いをしてしまうくらい、
彼の音が聴衆ひとりひとりの心沁み渡り、ひたひたと揺り動かす演奏だ。
そして、幸せな気持ちにさせてくれる。
演奏会後のロビーにたくさんの満ち足りたような笑顔が溢れるのは、きっとみんな同じ思いだからかもしれない。

幸せな時間はみんなを笑顔にする(1) サントリーホール デビュー

2014 年 8 月 27 日 水曜日

ニコライ君がサントリーデビューするのはいつだろうか」と書きましたが、うれしいことにそのチャンスは思ったよりも早くやってきました。

読響とのチャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」。
ぐいぐい突っ走る旬の演奏。ダイナミックでまぶしいくらい新鮮な音。
聴いていてぞくぞくする、というのはこんな演奏のことを言うのよ!!

YAMAHAのCFXは、弱音が綺麗だと思うものの、オケとのピアノコンチェルトの時、音が埋もれるのではないか..と正直、気にかかっていたのですが
いやいやどうして!CFXすごいよ。
ニコライが弾くからかもしれないけれど。オケの音と調和しつつも、くっきりと独自の音を奏でていて「ピアノが鳴っていた!
*私、YAMAHAの関係者ではありません。(笑)



ちなみに、この日に限って舞台のピアノの位置は、(オケの配置のせいか)座席側ぎりぎりまで寄せて置かれてしまい、あまりの至近距離!という予期せぬ事態。
小心者の私は、緊張しすぎてニコライの横顔を直視できず、演奏中は耳だけ集中して、結局ずっとニコライの靴紐だけを見ていたという…。
(何故私が緊張するのか!) 
ああ、もったいない。



0825

2月10日のコンサート

2014 年 3 月 18 日 火曜日

2月10日のコンサート

いったいいつの話だ?そう、もう1ヶ月以上も前のことですが。
あらためて時間の速さにびっくりします。

札幌からやっとの思いで帰宅した次の月曜日、銀座ヤマハホールでソロコンサートがありました。ちょっと私も疲れ気味。
前半は、うーん、まだニコライ君も移動の疲れが残っているのか、ちょっと調子が出ないのかなとも感じました。
もっとも私が、彼のショパンの演奏はあまり好まないからかもしれません。
(もう舟歌はいいよ!、なんて。ごめんなさいごめんなさい。)

ところが

後半のラフマニノフピアノソナタ1番

まるで何かのスイッチがはいったのか、なにかがのりうつったのか、

これ!私はこんな演奏を聴きたかったのよ!


混沌としたどろどろした心情を演奏させたらもう彼に勝るものはいないような気がする。
最初から最後まで集中して聴きました。いや、惹きつけられて彼のピアノの世界に引きこまれてしまった、と言うべきか。
3楽章の冒頭部などは、ずきゅーんと射抜かれたような衝撃。なんだ、すべての心を虜にしてしまうような魔力は!

それにしてもすごい熱演で、演奏後、立ち上がるのにちょっとふらついていました。
きっと彼の魂も、あちらの世界に半分以上はいっていたのかもしれません。


アンコールは6曲!
それぞれによかった。ワルツ3曲、ペダルを使わず、あれほどのまろやかななめらかなやさしい響きを出すって……..呆気にとられました。
最後はドビュッシー月の光で締める。
おやすみなさい、これで最後だよ、とささやかれているようでしたが、
きっと黒天使の策略にはまってしまっただけかもしれません。

演奏後にサインを頂きました。
スパシーバ!と言ったのにまったく通じていませんでしたが…。彼はかなり日本語を習得しているみたいなので、日本語で言った方が通じたのかもしれない。(泣)


札幌(2)

2014 年 2 月 11 日 火曜日

札幌(2)


今回の目的はこれでした。
感想については、いっしょに行った方たちとたくさんたくさん喋ったので割愛します。
(わざわざ札幌まで行ってよかったです。本当にすばらしかった!)

雪祭りと重なった時期によくホテルが取れたね、って言われますが
えーーっと、ホテルも航空券も昨年の8月には予約していたので…ごほっごほっ。


ところで実は、緊張とうれしさのあまり震えるくらいの、偶然のハプニングもありました。(ナイショ)
思い出すだけでもドキドキしてしまう…。(オバサンのたわごとです、はい。)


033
コンサートホールのKitaraは、とても素敵なホールでした。
札響の演奏もすばらしいのでしょうけれど、音質もとてもよく感じました。



034
コンサートを終えると、「ゆきあかり」のイベントをやっていました。
大きな紙コップに思い思いのメッセージを書いて、中にキャンドルを入れて灯します。
たくさんのキャンドルが雪の中に飾られてとても幻想的でした。
私も、願い事を書いて飾りました。
どうか叶いますように。

ららら♪クラシックの演奏

2013 年 8 月 13 日 火曜日

DSCN6765
8月10日ららら♪クラシック(NHK)にニコライ君登場!

インタビューで何を聞かれるのやら…と、なぜか緊張してしまいました。(本人でもないのに)
で、逆に終わってみると、インタビューの時間も、演奏の時間もあっという間で
「短すぎる!」
もっともっと演奏が聴きたい。物足りない!

まあでも、若手ピアニストが国営放送によんでもらえるだけでもありがたい、とも思いますが…。少しでも多くの方へ彼の魅力が伝わりますように。


実際の収録されたラ・カンパネラ演奏はこちらで聴けます。
(NHKのアーカイブスでは期間が過ぎたため聴けなくなりました。残念!)

ニコライ君いわく、この曲を弾くときには、ヴァイオリンを弾くイメージで演奏する、と答えていました。確かに演奏は、彼らしい「謳うような」カンパネラです。



ちなみに番組では、彼のことを「超絶技巧」のピアニストと紹介していました。
確かに超絶技巧の派手な曲の演奏は、もちろんそれはそれですばらしいし、黒い怖いところもぞくぞくします。
でも個人的にはちょっと違います。
彼の本当の魅力は、どちらかというと弱音だと思っています。
美しくて切なくて、時には鳥肌のたつような冷たさがあって…その音がじわじわと心に沁みて、気が付いたらどうしようもないくらいの虜になってしまっているのでした。

心のどこかでは「たかが20歳そこそこの若造に(すみませんすみません)こんなにも魂を抜き取られて、くやしい~」とも思わなくもないのですが、でもやっぱり演奏の魅力にはかないません。
ううぅ。




ところで、7月の浜離宮の公演は、チケットが余ってしまい、かと言って、空席にするわけにもいかず息子に譲りました。(購入の際、座席指定できないシステムだったので、1枚目の席がどうしても納得できなくて、もう1枚購入したため)
息子は合唱部だったので歌曲は好きなものの、ピアノの演奏なんてほとんど興味が無いし、どうなるかなあと思っていたのですが、演奏に引きこまれたとのことでした。

で、あとから、ニコライ君の印象を聞いたら、
「頭脳明晰という感じ」
「とくに数学が得意そう」
という、まったくピアノとは関係ない感想が返ってきました。(笑)
でも、当たっている。かなり鋭いところを突いていると思いました。

と言うのも、昨年の秋、YAMAHAホールでの公開インタビューで
ベートーヴェンピアノソナタ第31番作品110のことを質問された際、
第3楽章のフーガのことを「数学的」だと思う、と答えたことがとても印象的だったのです。
ピアニストの彼から数学という言葉が出た、その意外性に本当にびっくりしました。
(いつか、彼は物理学的なことも喋りだすのではないだろうか…怖いけれど楽しみですが。)

溢れるような感性と、同時に、それらをきっちりと計算して緻密に組み立てていく知性。
そういうところも、彼の魅力なのかもしれません。


201404 大阪と兵庫 ベートーヴェン4番 幸せな時間はみんなを笑顔にする(2) 浜離宮ホールリサイタル 0825 2月10日のコンサート 034 DSCN6765 8月10日のららら♪クラシック 浜離宮 そして、つくばへ 浜離宮朝日ホール ピアノ 関連記事サムネイル表示 何度も何度も繰り返し聴く 1003発売 random image random image random image random image random image random image