岡本太郎記念館(2)

2015 年 8 月 30 日 日曜日

IMG_3121
庭に面したリビング(というのでしょうか)には、等身大の岡本太郎さんと、作品たち。
彼の作品はパワーがあってイキイキしているところが好き。


IMG_3122
椅子には、岡本太郎さんと岡本敏子さんの写真も飾られていました。

テーブルの食器も太郎作!!きっと珈琲がおいしいことでしょう!!
(ちなみに記念館脇のカフェは、庭を眺めながら珈琲や紅茶が飲めるようになっています。岡本太郎作のカップで出てくると嬉しかったのですが…。)


IMG_3137
岡本太郎のサイン。彼のサインの文字は、(いつも書いていますが)達筆だと思う。
絵も字も私の心にぐっとくる。勢いがあってしかも理知的。


IMG_3130
記念館の2階から。玄関から吹き抜けになっています。



記念館の中を見学したあと、庭を眺めたり、記念館脇のカフェで休んだりしたのですが、あまりの感動に立ち去りがたく、記念館(岡本太郎のご自宅)の周りをぼおっと歩きました。
道の脇をはいると、裏門(たぶんお勝手口に通ずる門)をみつけたのですが、こんなところにも、ちゃんと「岡本太郎らしさ」を残していました。
こういう「面白さ」がたまらないのですよね。(洋服の裏地に凝るような!?笑) 
あらためて惚れました!!

IMG_3168

岡本太郎記念館(1)

2015 年 8 月 30 日 日曜日

岡本太郎記念館は表参道駅から少し歩いた南青山の住宅街の一角にありました。
以前から、行きたいと思っていたのですが、やっとそのチャンスに恵まれました。

IMG_3103
道路沿いの壁には、まさしく岡本太郎の絵が描かれていて、バルコニーの二階からは太陽の塔のが顔をのぞかせています。
ドキドキしながらはいると、まさしくそこは岡本太郎ワールド!

IMG_3116
IMG_3115
玄関のノブ、オブジェのデザインからして、なんと面白いこと!
館内も庭も写真撮影自由とのこと。(さすが岡本太郎記念館です。)


IMG_3120
IMG_3118
アトリエ。(部屋にはいるドアまでは立ち入ることができます。)

彼のドキュメンタリーで、アトリエで絵を描く岡本太郎の映像を見たことはりました。
けれども、実際にアトリエの前に立ち自分の目で見ると、岡本太郎のオーラと息遣いのようなものを感じて、なぜだか涙がとまりませんでした。
ここでたくさんの岡本太郎作品が生まれたと思うと、胸が熱くなります。
たくさんのカンバス、筆の数々、道具。なにもかもが素敵。


向島百花園(6/14)

2015 年 7 月 5 日 日曜日

こじんまりした植物園を歩く、というのは結構楽しい。
こじんまり…と書きましたが、そこに植えられている植物を丹念に観察すると、とても時間が無い…ほど密度の濃い面白さがあります。(だから季節を変えて何度も何度行かないと…)
ボランティアの方の説明ツアーでは、気が付かなかった花をみつけたり、由来を伺ったり…と、それもまた楽しめました。


040
向島百花園は個人の方が趣味で開いたのが最初だったらしいのですが、梅を中心に、四季おりおり楽しめるような花や木が植えられていました。



047

053

水辺の風景は、まるで絵画をみているようです。



小石川植物園(5/10)

2015 年 7 月 5 日 日曜日

5月の画像を今頃アップするという…
でも、あれっていつ行ったのだっけ?と思い出すのに、ここに残しておくのはとても便利なので、遅くなりましたがアップします。(いい訳です。)



5/10(日)に小石川植物園へ行ってきました。初めてでしたが、ここが都心か?と思えるほど、木々がたくさんあり、森の道を散策しているようでした。
きっと手入れも大変でしょうねえ。でも木や草が気持ちよさそうに手足(枝)を伸ばしているのをみると、エネルギーをもらえるというのでしょうか、清々しい気持ちになれるようでした。

季節ごとに行くと、きっとまた新しい発見があるのでしょう。秋ごろにもまた行ってみたいです。

046

052

021



記念館で、植物学者たちの写真の中に、牧野富太郎先生のお姿を見つけました!!

053

牧野記念庭園記念館

2015 年 6 月 7 日 日曜日

ダイアリーなどと名前をつけていますが、ほとんど意味をなしていませんが、一応記録のため、ということで(いいわけ)細々と続けていく予定です。

あのときどうだったっけ?あのころこんな写真をとったな、と振り返るのにとても重宝します、自分自身のために。

065

さて、5月の連休に、牧野記念庭園記念館に行ってきました。
牧野富太郎といえば植物関連の先生方にとっては、本当に神のような存在の方ではないでしょうか。
科学技術館の植物の指導をされていたY先生は、牧野富太郎の弟子にもあたり、牧野先生のお話をするときに、本当にいつも尊敬の気持ちいっぱいで語られていたことを思い出します。

牧野記念庭園記念館は、
『1958年(昭和33年)に植物学者牧野富太郎の練馬区東大泉の自宅跡に、氏の業績を記念する庭園及び記念館として開園した。2009年に「牧野記念庭園(牧野富太郎宅跡)」として、国の登録記念物(遺跡及び名勝地)に登録されている。
園内には300種近い植物があり、牧野博士が命名したセンダイヤザクラや仙台で発見し亡き妻の名をつけたスエコザサ等が植えられている。』(Wikiより)

記念館としてはそれほど広い敷地でもないのですが、植物もそして展示の内容も”密度が濃く”、時間を忘れるくらい楽しめます。きっと四季折々また違った表情もあるのでしょう。次回は季節を変えて行ってみたいと思っています。


058


植物とは別に、実際に牧野富太郎が住んでいた家屋が、そのままの状態で(屋根のある記念館の中に再建されて)展示されているのも興味深いものでした。
たくさんの書類の中で、いろいろなことを想い過ごしたであろう「空気」を感じることができたような気がしました。


056

理化学研究所 仁科蔵王

2015 年 5 月 4 日 月曜日

0418

和光の理化学研究所の一般公開は毎年4月にあるのですが、(たまたま私が見ることができないのかも?)今回初めて、仁科蔵王が咲いているのを見ることができました。

仁科蔵王は、「重イオンビームを照射して突然変異を誘発させてつくり出した新種のサクラ」です。

実際にこの開発に携わった研究者の方の講演会で、この淡いクリーム色を出すために大変苦労されたことを伺いました。
現在は、「夏に咲く桜」の開発もすすめているそうです。
夏に咲く桜…次回の東京オリンピックが開催されるのは夏。その時までに開発されれば、また違った日本の夏の風景になるのではないでしょうか。

ニコライ 2015年4月

2015 年 5 月 3 日 日曜日

201404
2015年4月のソロコンサート、東響とのピアノコンチェルト(2回)の感想を今頃になって書くという..。


ニコライの演奏に心を動かされすぎて、反動で、公演後のぽっかりと空いた心の虚脱感喪失感といったら…
その後のリハビリには数日間を要しました。(かなり重症の模様)

当然ながらすでに次の公演が待ち遠しい状態、です。


(ソロコンサート)
私の中のイチオシは「ラフマニノフのソナタ1番」

「たいくつで地味なため演奏されることが少ない」と言われる曲ですが、聴けば聴くほど味が出てくるように感じます。
(最近、いろいろなピアニストが演奏しているようですが)
この曲は生で何回か聴いていますが、今回は特に、ドキドキ感がとまらない状態でした。


チャイコフスキーの変奏では、まるで歌舞伎の12役早変わりをみているようで、曲ごとの変わり身のはやさと、ガラリとかわる際の「刃のような、怖いくらいのぎらぎら感」(笑)がニコライらしいなあと思いました。(←ほめています。)

スペイン狂詩曲は、もちろんすばらしかったです! 
でもま、ニコライならとーぜんでしょう!えっへん!(私がどや顔で、いばることか!)


アンコールは6曲。
弾きすぎだ、という意見もありますが、アンコールの時のうれしそうなニコライの演奏もいいではないですか。私は好きです。
(彼のサービス精神にも感服します。)

中でも、アヴェ・マリアの神々しさ。蝶々夫人のcoro a bocca chiusaの美しい旋律には参りました。
演奏という域を超えて、まるで頭上からきらきらした何かがふりそそぐよう。涙がとまりませんでした。
こんなの反則だよ、ニコライ!


(ショパンピアノコンチェルト2番 ミューザ川崎/サントリーホール)
ショパンのピアノコンチェルトはオケともぴったりと寄り添い、二楽章のきらきらとした音。三楽章のどきどきするような躍動感を体感しました。

東響とのピアノコンチェルトを弾くニコライは、あふれるアツイ想いのようなものすら感じました。ひとつ前に踏み出したのか。彼の背中がなんとなく大きく見えました。
(ファンとしてはこういう成長や変化はとても嬉しい。)


昨年の秋、山響の演奏会後のファンの集いの際、マエストロ飯森さんとニコライが言葉を交わしているのを間近で拝見した時、飯森さんはニコライのことを大事に思ってくださり、同時に、ニコライもまたマエストロを信頼しているように感じました。
飯森さんの指揮、オケ、そしてピアノの調和。そういうものは演奏にも表れてくるのですね。
すばらしい演奏をありがとうございました!
飯森さんと、今度はロシアものを演奏してくれるといいなあ。
そんな日がいつか来るとうれしいのですが。







山形県郷土館「文翔館」

2015 年 5 月 3 日 日曜日

1124


いったいいつの話だ?と言われそうですが、
えぇ、昨年の秋、山形へ山響の演奏を聴きに行った時の話です、はい。

演奏を聴くために遠征(笑)する時は、それほど時間に余裕がないため、ほとんど観光もしません。(演奏に備えたい、という気持ちもありますが)

山形の時も、一律料金で、市内の一部を一周する路線バスがあるというので乗ったくらい。で、バスの中からたまたま、建物が目にはいり、それほど期待もせず(ごめんなさい、ごめんなさい)、立ち寄ったの山形県郷土館「文翔館」でした。

建物の中では、ガイドボランティアの方の説明してくださったのですが、その方の説明が、山形愛いっぱいで、そして「文翔館」のことをものすごく誇りに思っていらっしゃることがひしひしと伝わってきました。
館内の、いたるところに施されたモダンな装飾を堪能しました。また、山形の文化の説明も面白かったです。
おかげさまで、見学していて興味深く楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。
(山形の方って、お話される語尾のせいでしょうか、優しくておだやかな感じの方が多いですね~)





写真にも少し写っていますが、ちょうどこの日、女子駅伝大会が開催されていました。

古河庭園 と六義園

2015 年 4 月 23 日 木曜日

0412-1

4月2週目の日曜日、行ってきました。

古河庭園は、薔薇が咲いているころにもう一度行ってみたいです。
それにしても、こういうまるで小説にでも出てきそうなお屋敷で過ごされていた深窓のご令嬢は、どんな日々を過ごされていたのでしょうか。
想像もつかないですが、まさかとお休みの日とは言え、ゆるゆるとした部屋着で過ごす訳にもいかなそう…。ただ、きっと窓から広大な自宅のお庭を見て楽しめたことでしょう。
薔薇の季節には、美しい花と甘い香りが漂ったのではないでしょうか。なんてうらやましい!
洋館から下側に広がる庭は、敷地の段差を利用して、日本庭園と西洋風庭園をつくりわけるという、なんともまあ贅沢なものでした。
(洋館は、貸切での結婚披露宴が行われていて、残念ながら中は見学できませんでした。)


0412-2

古河庭園を出て、5分~10分?くらい歩くと、六義園。

しだれ桜が有名ですが、咲いたであろう跡…(笑)
でも、新緑の木々がとてもきれいで、(むしろそちらの方が私は好みです。)心地良い気持ちでした。

さくらの季節

2015 年 4 月 5 日 日曜日

さくらが咲き誇るこの季節はうきうきした気分になります。
同時に、あらためて、桜って素敵だなあ、としみじみ思います。

本日、さくらまつりだったのですが、もう桜も葉桜になりかけていました。

先週、撮影した(スマホで)さくらの写真を記念にはりつけてみました。
それぞれ違う日に撮影したので天候がばらばらですが、やっぱり青空の下で撮影した桜が一番映えますね。



043

053

064