「 美術・アート・映画・本など」 に関する記事一覧

岡本太郎記念館(2)

2015 年 8 月 30 日 日曜日

IMG_3121
庭に面したリビング(というのでしょうか)には、等身大の岡本太郎さんと、作品たち。
彼の作品はパワーがあってイキイキしているところが好き。


IMG_3122
椅子には、岡本太郎さんと岡本敏子さんの写真も飾られていました。

テーブルの食器も太郎作!!きっと珈琲がおいしいことでしょう!!
(ちなみに記念館脇のカフェは、庭を眺めながら珈琲や紅茶が飲めるようになっています。岡本太郎作のカップで出てくると嬉しかったのですが…。)


IMG_3137
岡本太郎のサイン。彼のサインの文字は、(いつも書いていますが)達筆だと思う。
絵も字も私の心にぐっとくる。勢いがあってしかも理知的。


IMG_3130
記念館の2階から。玄関から吹き抜けになっています。



記念館の中を見学したあと、庭を眺めたり、記念館脇のカフェで休んだりしたのですが、あまりの感動に立ち去りがたく、記念館(岡本太郎のご自宅)の周りをぼおっと歩きました。
道の脇をはいると、裏門(たぶんお勝手口に通ずる門)をみつけたのですが、こんなところにも、ちゃんと「岡本太郎らしさ」を残していました。
こういう「面白さ」がたまらないのですよね。(洋服の裏地に凝るような!?笑) 
あらためて惚れました!!

IMG_3168

岡本太郎記念館(1)

2015 年 8 月 30 日 日曜日

岡本太郎記念館は表参道駅から少し歩いた南青山の住宅街の一角にありました。
以前から、行きたいと思っていたのですが、やっとそのチャンスに恵まれました。

IMG_3103
道路沿いの壁には、まさしく岡本太郎の絵が描かれていて、バルコニーの二階からは太陽の塔のが顔をのぞかせています。
ドキドキしながらはいると、まさしくそこは岡本太郎ワールド!

IMG_3116
IMG_3115
玄関のノブ、オブジェのデザインからして、なんと面白いこと!
館内も庭も写真撮影自由とのこと。(さすが岡本太郎記念館です。)


IMG_3120
IMG_3118
アトリエ。(部屋にはいるドアまでは立ち入ることができます。)

彼のドキュメンタリーで、アトリエで絵を描く岡本太郎の映像を見たことはりました。
けれども、実際にアトリエの前に立ち自分の目で見ると、岡本太郎のオーラと息遣いのようなものを感じて、なぜだか涙がとまりませんでした。
ここでたくさんの岡本太郎作品が生まれたと思うと、胸が熱くなります。
たくさんのカンバス、筆の数々、道具。なにもかもが素敵。


駅でみかけた 岡本太郎作品

2014 年 11 月 3 日 月曜日

岡本太郎
たまたま利用した駅で、みつけた岡本太郎作品。
あれ?と思ったのですが、TAROのサインはまさに岡本太郎のものでした。

岡本太郎生誕の地 にふさわしい作品です~。

古本屋の前で逡巡する

2014 年 4 月 10 日 木曜日

古本屋の前で逡巡する
4月から渋谷に通っているので、お昼に表参道あたりをウロウロすることが多い。
通りに面した古本屋の店先の本が気になって、通るたびに足を止める。
重たくて持って帰れるはずもないのに。  でも、気になってしまう…。


大学生のころ、古本屋で「我が心、石にあらず」に出逢って、そのあと文庫本で高橋和巳の文章ををむさぼるように読んだ。
先日、ひさびさに文庫本を読み返そう、とみてみたら、フォントが小さすぎて(悲)読めなかった。(たぶん、普通の文庫本よりフォントが小さいと思われる。)
こんなこともあって、古本屋で全集を見つけた時、かなり動揺!?してしまった次第。

そして、この全集を手放した方はどんな方だったのだろう。高橋和巳が好きだった?

いろいろ、思いをはせながら、いつもこの古本屋の店先で、あきらめきれずに立ち止まってしまう日々。

ロシアの天使の置物

2013 年 2 月 23 日 土曜日

ロシアの天使の置物

お友達がロシアへ行った際のおみやげです。
ありがとうございました。
(もっとはやく紹介したかったのですが遅くなってしまいました。)


ロシアのクリスマスに飾る天使の置物なんだそうです。
ガラスの部分を降ると粉雪が天使の上から舞ってきます。素敵!

ロシアの天使(黒天使!?)の音楽を聴きながら(謎)、堪能しているところです。
私のパソコンの横で、一年中、傍に置いて飾っておこうっと。かわいいのだもん。




さくらまつり(絵手紙)

2012 年 4 月 4 日 水曜日

地元のさくらまつりは「4月第一週の日曜日」と決まっています。
ですので今年のさくらまつりは、ほとんど桜の咲いていないさくらまつりでした。
(桜並木をさがして、やっと5輪くらいは咲いているのをみつけました。)
と言っても、さくらまつり自体を楽しみにしているひとりです。
地元中学の吹奏楽もよかったし、出店も楽しいです。

毎年楽しみにしているのが絵手紙。
すごいですよね~。(一応お断りをしてから撮影させていただきました。)


絵手紙

絵手紙

絵手紙

絵手紙

絵手紙





私もいつの日かこんな絵手紙を描いてみたいです~。


これまでの 絵手紙

ピアノマニア

2012 年 2 月 16 日 木曜日

ピアノマニアドイツ人調律師のドキュメンタリー映画。 公式サイトはこちら


いろいろな方からよかった、という感想を聞いていたのでぜひ観たいと思っていました。
上映(スケジュール)が終了する前にみることができて本当によかったです。そして、私は運よく座れましたが、立ち見の方もかなりいらっしゃいました。

映画ではピアノのいろんな意味での裏側をみることができて、本当に面白い映画でした。

そういえば、以前、ダニイル君が「この世から無くなったら困るものは?」という質問に「有能な調律師さん」と答えていた記事を思い出しましたが、ピアニストにとっては本当に大事な存在なのでしょう。


キー様だったら、コンサートや録音の前に、調律師にどんな希望を伝えるのだろうか、どんなやり取りをするのだろうか…


エマールさんのバッハも聴きたくなりました。
(これはCDの壮大なプロモーションでもありますよね!?違っ!)
それにしてもCDの録音って、スタジオじゃなくて、ふつうのホールで行うんですね~。



pinterestおもしろい~

2012 年 2 月 2 日 木曜日

新しい画像SNSというのでしょうか、pinterest.com 面白いです。
ついつい見とれてしまう…(仕事になりませぬ)

美しいとかかわいいとか、興味をもつポイントは人それぞれだと思うのですが、同じ感性(好み)を持った方に出会えるというのは楽しいです。

それにしても、素敵な写真、もの、アイディア…出会えることに感謝!

トイレットペーパー芯のアート

2011 年 12 月 7 日 水曜日

トイレットペーパー芯のアート
Anastassia Elias



有名なサイトなのかもしれませんが、初めて知りました。
トイレットペーパー芯なんで、ぐにゅっとつぶすことしか考えつかないのに。

あの円形の中にこんな世界を創るなんて、本当にすごいですね。
どの作品も、わくわくするようなアイディア。個人的には、洗濯干しが好み。風にゆれている洗濯物がかわいいです。

内部は円になっているので当然ながら側面のカーブを生かしてデザインをしたり、カッティングをなさるのでしょう。

どんな眼をして、どんな表情をして、作っているのか、そおっと眺めてみたい…なんて思いました。


折紙美術館 大学祭(1)

2011 年 11 月 26 日 土曜日

折紙美術館 大学祭(1)

折紙美術館 大学祭(1)

折紙美術館 大学祭(1)


毎回楽しみにしている企画。
今回は大物の作品もありました。本当に毎回、びっくりさせられます。そして、彼ら(彼女ら)の指先に嫉妬 (こらこら!)じゃなくて、尊敬です。

この折り紙サークルでは、今年になって2冊、本もだしたとか。
最新号の本も購入してしまいました。

(特に注がついていない限り、一枚の紙で折られているそうです。)

過去の折り紙の記事

IMG_3121 IMG_3118 岡本太郎 古本屋の前で逡巡する ロシアの天使の置物 絵手紙 ピアノマニア トイレットペーパー芯のアート 折紙美術館 大学祭(1) 銀座のギャラリー 銀座のギャラリー random image 折り紙美術館 岡本太郎展 random image random image random image random image オリジナルの手ぬぐい 池波正太郎 1 0910313 tsurugidake160_254 090407 090406 090404 random image random image random image random image random image 岡本太郎のデッサン random image 岡本太郎 明日の神話 折紙美術館 書の山手線路線図 おいしいお煎餅 国立新美術館 random image random image random image random image random image random image random image random image random image 岡本太郎美術館 random image random image random image random image random image random image random image random image random image